出来てしまったシミそばかすは美容液で消えるのか?

出来てしまったシミそばかすは美容液で消えるのか?シミは種類別に対策を!

シミに効く美白美容液

 

すでに出来てしまったシミそばかすは美白美容液で消えるのか?

シミ・そばかすは、原因や出来方でいくつかの種類があります。どんなシミでそばかすでも、美白美容液が効果があるかといえば、そうではありません。

 

シミの中でも最も多いのは、紫外線が原因で出来るシミです。このシミは日焼けの積み重ねで出来る「老人性色素班」といいます。

 

老人性色素班は見えるか見えないか程度の薄いシミであれば美白美容液が有効です。ただし、しっかり定着してしまった濃いシミを消す事は美白美容液だけで消す事は非常に困難だといえます。

 

では、美白美容液で消えないシミを消す方法はないのか?というとそうでもありません。まずシミの種類を知り、それぞれに合った対策をとることが重要です。

 

もし、自分で判断できない場合は、皮膚科などで相談することできますので、美白美容液が効かないシミに、ずっと高級な美容液を使い続けることは避けたいものです。

 

 

最も多いシミ「老人性色素班」には美白美容液とレーザー治療!

先ほどお話した通り、薄いシミの「老人性色素班」には美白美容液は効果的です。美白美容液だけで薄くすることも、場合によっては消す事も可能です。

 

しかし、輪郭がはっきりした濃いシミには効果が薄いといえます。この場合は、皮膚科や美容クリニックなどで、レーザー治療をすることがおすすめです。

 

ただし、レーザー治療をしたから美白美容液が必要がないという事ではなく、シミが定着する前に美白美容液を使い、予防することは可能です。

 

これから出来るシミ対策に、美白美容液は365日毎日使うようにしましょう。

 

 

女性ホルモンの乱れが原因!頬に出来るシミ肝斑(かんぱん)に美白美容液は効くのか?

 

老人性色素班のように、シミは紫外線が原因で出来ると思われることが多いですが、肝斑(かんぱん)というシミは女性ホルモンの乱れが影響しています。

 

特に30代後半〜50歳くらいになると急に出てくるという方が多いです。ホルモンバランスが影響しているので、妊娠中や、ピルを服用中の人や更年期の人にも多くみられます。

 

肝斑(かんぱん)には美白美容液は有効で、ターンオーバー促進したり、美白美容液の浸透力を高めるために、ピーリングと合わせて対策すると美容液の効きがよくなります。

 

美容皮膚科では、アルブチン」「ハイドロキノン」「コウジ酸などの成分がよく使われています。

 

肝斑(かんぱん)は基本的にレーザー治療は向いていませんが、内服薬が効くこともあります。

 

トラネキサム酸」を含む内服薬を数か月服用することで、肝斑が消えたという口コミもよく目にします。

 

よくCMや広告で見る「トランシーノ」のように市販で簡単に手に入るものもあるので、試してみましょう。

 

 

ニキビ跡や傷跡から出来るシミ「炎症性色素沈着」には美容液をイオン導入で補給!

ニキビや虫刺されの跡がそのままシミになってしまった!なんてことはありませんか?

 

このシミを「炎症性色素沈着」といいます。

 

その他にも肌をゴシゴシ擦ってしまう癖のある人の肌は慢性的な炎症を起こしており、それがメラニンの生成を促進することで、くすみの原因になっていることもあります。

 

炎症性色素沈着は日焼けをすると、濃くなってしまったり、消えないシミになってしまう事があるので、日焼けをしないように心がけましょう。

 

炎症性色素沈着は基本的にレーザー治療は効果がないです。

 

対策としては、美白美容液を毎日塗ることも効果はあります。

 

それと並行してピーリング」を行ったり、「ビタミンC誘導体」が配合された美白美容液を使用し、「イオン導入」を行うと即効性があります

 

美白美容液が効かない!イボのように盛り上がったシミ「脂漏性角化症」

美白美容液が効かないシミもあります。シミからイボのように盛り上がって、表面がボツボツしているものは、加齢や紫外線の影響で出来たものを「脂漏性角化症」といいます。

 

脂漏性角化症は皮膚の構造そのものが変化してしまっているので、美白美容液で消す事はできません。

 

皮膚科や美容クリニックで、レーザー治療か液体窒素で凍結療法を行う必要があります。

 

このように美白美容液は、既にできたシミには効果を発揮できないものもありますので、気になっているシミがどの種類なのか知って正しく使う事が重要です。

 

また、既にできたシミを消す役割というよりも、これから出来るシミ予防の対策には高い効果を発揮しますので、美白美容液は一時的にシミが気になったときに使うのではなく、常に予防として使うようにしましょう。

 


関連ページ

顔の肌くすみには家庭用美顔器でのビタミンC誘導体のイオン導入がおすすめ!
顔の肌くすみには美顔器でのビタミンC誘導体のイオン導入がおすすめ!
美白化粧水の効果的な付け方。シミのできにくいお肌にする整肌の役割に使おう。
シミそばかすを消す方法や薄くする方法をご紹介するサイト、ナチュ肌ニスタ。美白で美肌を目指してナチュラル肌を手に入れたい大人女子必見。
美白化粧品でシミを消す方法。ハイドロキノンクリームの効果的な付け方
シミそばかすを消す方法や薄くする方法をご紹介するサイト、ナチュ肌ニスタ。美白で美肌を目指してナチュラル肌を手に入れたい大人女子必見。
紫外線やホルモンバランスの乱れによるシミの除去に効果的なトラネキサム酸
シミそばかすを消す方法や薄くする方法をご紹介するサイト、ナチュ肌ニスタ。美白で美肌を目指してナチュラル肌を手に入れたい大人女子必見。
ビタミンCだけじゃダメ!?くすみ改善にはビタミンC誘導体
シミそばかすを消す方法や薄くする方法をご紹介するサイト、ナチュ肌ニスタ。美白で美肌を目指してナチュラル肌を手に入れたい大人女子必見。
シミ消しクリームは本当に効果がある?皮膚科に行かなくても手に入るシミ取りクリーム
シミそばかすを消す方法や薄くする方法をご紹介するサイト、ナチュ肌ニスタ。美白で美肌を目指してナチュラル肌を手に入れたい大人女子必見。
シミの原因のメラニンを追い出す「排せつ美白」はピーリングがおすすめ。
シミそばかすを消す方法や薄くする方法をご紹介するサイト、ナチュ肌ニスタ。美白で美肌を目指してナチュラル肌を手に入れたい大人女子必見。
シミと肝斑(かんぱん)の違いは?シミと肝斑に効くサプリメントの選び方。
シミそばかすを消す方法や薄くする方法をご紹介するサイト、ナチュ肌ニスタ。美白で美肌を目指してナチュラル肌を手に入れたい大人女子必見。
はちみつで簡単に美白効果を得る方法とは?
シミそばかすを消す方法や薄くする方法をご紹介するサイト、ナチュ肌ニスタ。美白で美肌を目指してナチュラル肌を手に入れたい大人女子必見。
紫外線を甘く見ないで!ちょっとだけの日焼けがシミのもと
シミそばかすを消す方法や薄くする方法をご紹介するサイト、ナチュ肌ニスタ。美白で美肌を目指してナチュラル肌を手に入れたい大人女子必見。
シミ・くすみにはハイドロキノンとビタミンC誘導体のW使いが効果的!?
シミそばかすを消す方法や薄くする方法をご紹介するサイト、ナチュ肌ニスタ。美白で美肌を目指してナチュラル肌を手に入れたい大人女子必見。
シミ・そばかすが増えてきた!年齢肌のシミの原因と対策は?
シミそばかすを消す方法や薄くする方法をご紹介するサイト、ナチュ肌ニスタ。美白で美肌を目指してナチュラル肌を手に入れたい大人女子必見。
ニキビ跡の茶色いシミを消すには?色素沈着を治す方法。
シミそばかすを消す方法や薄くする方法をご紹介するサイト、ナチュ肌ニスタ。美白で美肌を目指してナチュラル肌を手に入れたい大人女子必見。
シミ・美白に効果がある食べ物は?
シミそばかすを消す方法や薄くする方法をご紹介するサイト、ナチュ肌ニスタ。美白で美肌を目指してナチュラル肌を手に入れたい大人女子必見。
メイクでシミ隠しのコツをご紹介!ファンデーションやコンシーラーはどう選ぶ?
シミそばかすを消す方法や薄くする方法をご紹介するサイト、ナチュ肌ニスタ。美白で美肌を目指してナチュラル肌を手に入れたい大人女子必見。
美白化粧水でシミを薄くするには?シミ・そばかす・肝斑の種類別対処法とおすすめ化粧水
シミそばかすを消す方法や薄くする方法をご紹介するサイト、ナチュ肌ニスタ。美白で美肌を目指してナチュラル肌を手に入れたい大人女子必見。
シミを消したい人の、攻めるアンチエイジングスキンケア方法。
シミそばかすを消す方法や薄くする方法をご紹介するサイト、ナチュ肌ニスタ。美白で美肌を目指してナチュラル肌を手に入れたい大人女子必見。
出産後にシミが増えた原因とは?
シミそばかすを消す方法や薄くする方法をご紹介するサイト、ナチュ肌ニスタ。美白で美肌を目指してナチュラル肌を手に入れたい大人女子必見。