シミのレーザー治療に失敗しない注意点

シミをレーザー治療して失敗しないための注意点。

レーザー治療注意点

 

顔にあるシミはとても気になるものですよね。

 

できることならレーザーで一気に取ってしまいたいと思いますが、レーザー治療は本当に安心しておこなえるものなのでしょうか?

 

シミのレーザー治療について調べていると失敗することもあるという事を目にするので不安になりますよね。

 

 

シミをレーザー治療したときの失敗の原因は?

 

レーザー治療自体の失敗というよりも本人の認識不足から、術後にうっかり紫外線を浴びてしまったり、医師やカウンセラーの話の聞きもらしなどもあるようです。

 

また、安いというだけでレーザー治療を受ける美容クリニックや皮膚科を選ぶことで、失敗したという声も少なからずありました。

 

始めて治療を受ける際は、しっかり調べて口コミなども参考にするようにしましょう。

 

消えたはずのシミが再び発生する「炎症後色素沈着症」について

 

よく聞くのがレーザー治療後1ヵ月後くらいから同じ場所にまたシミができてがっかりしたという話です。

 

しかし、これは人の体の自然現象のひとつで、半年ほどで目立たなくなるのが普通です。

 

この現象は大騒ぎするほどのものでもなく、様子を見守ることが大事なようです。

 

肝斑について

 

最近では低出力の機器を用いて肝斑の治療をおこなうクリニックもあるようですが、肝斑の場合は高出力でのレーザー治療は向きません。

 

本人が肝斑と思い込んでいても実はそうではない場合もあります。

 

まれには、日焼けと肝斑が重なっていて医師にも判断がつきかねることもあるようです。

 

カウンセリングの段階で必ず疑問はクリアにしておきましょう。

 

肝斑に限らず、シミはとても複雑で数種類を併発していることが多く、内服薬や外用薬なども取り入れる必要があります。

 

 

現在使われているレーザーについて・どれが安心?

 

Qスイッチレーザー

生まれつきの青あざなどにも効果があると言われるのが「Qスイッチレーザー」です。

 

炭酸ガスレーザー

3mmくらいまでのシミやホクロ、ニキビなどに効果的なのが「炭酸ガスレーザー」です。

 

メドライトC6(レーザートーニング

肝斑にも照射が可能なのが「メドライトC6(レーザートーニング)」です。

 

フォトフェイシャル

レーザー治療ではなく、光治療ですが、顔全体のシミやそばかす、小じわやタルミなどに効果的です。

 

マイルドな刺激のため、回数はかかりますが比較的安心して施術を受けることができます。

 

一概にどの施術が危険で、どれが安心とは言い切れませんが、それぞれのシミの種類によって的確な機器を用いることが大切です。

 

施術する際は、経験と知識が豊富な信頼できる医師を探して、しっかり診察してもらうようにしましょう。

 

 

まとめ

専門医が的確な判断でおこなうシミの治療でも、日焼けの下に肝斑が潜んでいる症例などもあります。

 

術後のトラブルを避けるためにも、事前のカウンセリングで疑問点をクリアにしておくようにしましょう。

 

きれいな肌になるために施術をおこなったところ、失敗に終わってしまったという結果だけは避けたいものですね。


関連ページ

シミ取りレーザー治療の経過と料金は?短期間で赤ちゃん肌を手に入れる!
シミそばかすを消す方法や薄くする方法をご紹介するサイト、ナチュ肌ニスタ。美白で美肌を目指してナチュラル肌を手に入れたい大人女子必見。
炭酸ガスレーザーの仕組みや効果。イボのように膨らんだシミ(老人性角化症)を消す方法。
炭酸ガスレーザーの仕組みや効果。イボのように膨らんだシミ(老人性角化症)を消す方法。