シミに効く化粧品ランキング

シミに効く化粧品ランキング

シミランキング

 

シミに効くと言われる化粧品は数多くありますが、シミ対策は毎日の習慣化が大切ですよね。

 

シミに効く化粧品は年々進化し続けています。

 

自分に合った化粧品を用いてケアすることで、メラニンの生成を抑えて、肌のターンオーバーが促され、すでにできてしまったシミも軽減できます。

 

そこでここでは、

 

  • 人気のシミに効く化粧品ランキング
  • シミに効く化粧品の選び方
  • シミの種類について
  • シミに効く美容成分について

 

という内容でご紹介していきます。

 

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

ランキングの付け方は、口コミサイトでもシミに効く化粧品として人気度が高い化粧品から選んでいます。

 

その中から当サイトからのご購入が多い順にランキングしています。

 

私(管理人)のレビューも掲載していますので、そちらも参考にしていただければと思います。

 

 

ビーグレンホワイトケアトライアルセット

ビーグレンの特徴

ビーグレンは、それぞれの肌トラブルの悩みに特化した内容の製品がトライアルで、お試しできます。 シミには、ハイドロキノンとビタミンCが配合されている「ホワイトケア」のトライアルセットがおすすめ。

価格 1,944円
評価 評価5
備考 ホワイトケアトライアルセット
ビーグレンの総評

紫外線の影響によるシミは初期のうちなら化粧品で何とかなるものの、一旦できてしまうとなかなか取れません。 ビーグレンは、酸化を抑える作用があり、様々なシミの改善に効果があるハイドロキノンとビタミンCの効果で紫外線のダメージに負けない美白力で透明感のある明るい肌へと導いてくれます。 日焼けによるシミだけでなく、そばかす、肝斑、色素沈着、乾燥などにも効果的に働きます。 ホワイトケアトライアルセット(クレイウォッシュ、ローション、Cセラム、ホワイトクリーム、モイスチャーリッチクリーム)が税込み、送料無料で1,944円です。 私は肌荒れ真っ最中の時にビーグレンを使ったのですがみるみる内に肌荒れも解消されました。その時の体験談は詳細ページをご覧ください。

アンプルールラグジュアリーホワイトトライアルキット

アンプルールの特徴

皮膚の専門家が開発したアンプルールは独自の「新型ハイドロキノン」が配合されています。医療現場では早くから使用されていたハイドロキノンですが、酸素や光や熱に対して不安定だったため、美白効果はあるものの化粧品への配合が認められたのは2001年になってからでした。

価格 1,890円
評価 評価4
備考 ラグジュアリーホワイト トライアルキット
アンプルールの総評

その後、アンプルールではより安定したハイドロキノンの研究を進め、お肌にも刺激が少なく安心して使用できる「新型ハイドロキノンが開発されました。 ラグジュアリーホワイトトライアルキット(スポット美容液、化粧水、薬用美白美容液、美容乳液ゲル、メイク落とし、洗顔料)が税込み、送料無料で1,890円です。 ビーグレンよりもハイドロキノンの濃度が高く濃いシミにスポット使い出来るのが特徴です。濃いシミをスポットでケアしたい!という方におすすめです。

ディセンシア サエル

ディセンシア サエルの特徴

ポーラ、オルビスグループから生まれたディセンシアは、不安定な敏感肌を健やかに整えながらシミやくすみ、乾燥のない肌へ近づけます。

価格 1,480円
評価 評価3
備考 サエル10日間トライアルキット
ディセンシア サエルの総評

生産のすべてを国内の自社グループ工場でおこなわれています。 ディセンシアサエルトライアルセット10日分(薬用美白化粧水、薬用美白美容液、薬用美白クリーム)が税込み、送料無料で1,480円です。 ハイドロキノンが配合されていないので、お肌への刺激は弱く優しい化粧品ですが、シミや美白に対する効果は、ビーグレンやアンプルールには劣ります。 敏感肌だけど、美白はしたい!という方にお勧めの化粧品です。

 

 

シミに効く化粧品は数多くありますが、人それぞれに肌質が違うため、まずはトライアルセットで試してみるのがおすすめです。

 

いくら口コミが良くて人気だと言っても自分の肌に合わなければ、効果は発揮されません。

 

私は実際に、ビーグレン・アンプルール・サエルを3種類とも試しましたが、ビーグレンを使ったときのお肌の変わり具合に一番驚きました。

 

ただ、「シミに悩む人全員にビーグレンが一番良い!」という事ではないので、気になる化粧品のトライアルセットを2〜3種類を購入して、自分のお肌に合う化粧品がどれなのか使い比べてみるのがおすすめです。

 

 

シミに効く化粧品の選び方

シミの予防には紫外線対策をすることが一番大切と分かっていても、ついうっかりと日に焼けてしまいますよね。

 

長年のうっかり日焼けが積もって、ある日突然シミとなってあらわれます。

 

ひと口にシミといっても原因や対処法はさまざまです。

 

人気のシミに効く化粧品と言っても、シミの種類によっては、全く効果がないものもあります。

 

シミのタイプを見極めて、効果的な化粧品を選び効率よくお手入れをしましょう。

 

シミの種類について

 

老人性色素斑(日光黒子)

シミの中で一番多く見られるのが、紫外線の影響による老人性色素斑(日光黒子)です。

 

初期の薄いものは美白化粧品で対処できますが、同じシミの種類でも濃くなるとレーザー治療などに頼らないと完全に消すのは難しいのが特徴です。

 

 

肝斑(かんぱん)

頬に左右対称にできる肝斑は、女性ホルモンが影響しています。

 

美白化粧品である程度は薄くできますが、ピーリングや内服液を併用すると効果が期待できます。

 

 

炎症性色素沈着

ニキビ跡などがシミになった炎症性色素沈着は、ビタミンC誘導体が入った美白化粧品が有効です。

 

また、ピーリングやイオン導入なども効果的な治療法です。

 

 

雀卵斑(じゃくらんはん)・そばかす

そばかすとは、雀卵斑(じゃくらんはん)の俗称です。

 

色の白い人にでやすいソバカスは遺伝的要素が強く、美白化粧品ではあまり薄くなりません。

 

レーザー治療でも完全に取り除くことは難しいようです。

 

そばかすについては姉妹サイトばかすに効く化粧品の口コミ情報をチェック!

 

 

美白化粧品が効かないシミの種類

イボのように盛り上がった脂漏性角化症や、肩や背中にできる花弁状色素斑などは美白化粧品は効果がありません。

 

美容クリニックなどでのレーザー治療が最善といえます。

 

 

 

 

 

シミに効く化粧品に配合されている美白成分は?

シミ対策にはシミに働く成分が入った化粧品を選びましょう。

 

 

ハイドロキノン

ハイドロキノンは、通常の美白成分100倍も美白効果があると言われています。

 

シミを化粧品で撃退したい場合は、ハイドロキノンが配合された化粧品を選ぶようにしましょう。

 

シミの原因となるメラニン色素を作るのを阻害します。

 

メラノサイトがメラニン色素を作るのですが、その時にチロシナーゼという酵素が働きます。

 

ハイドロキノンは、そのチロシナーゼを抑制してシミの原因から抑制してシミを出来にくくします。

 

さらに、過剰に生成されて濃くなってしまったメラニン色素を漂白する効果もあります。

 

ハイドロキノンはすでに出来たシミ改善と、これから出来るシミ予防に効果があると言えます。

 

 

 

 

ビタミンC誘導体

活性酸素から肌細胞を守り、メラニンの生成を防ぎます。

 

抗酸化作用もあり、シミを薄くする働きや毛穴やざらつきなどの改善にも有効です。

 

シミ以外にも様々な肌トラブルに効果が高い成分なので、積極的に使っていきたいですね。

 

 

 

 

C-マックスローション【口コミで高評価】の高濃度ビタミンC誘導体の化粧水を見つけた!

 

 

L−システィン

メラニンの生成を抑えて肌細胞のタ−ンオーバー(新陳代謝)を促します。

 

ターンオーバーとは、お肌の生まれ変わりのことです。

 

ターンオーバーの周期が遅くなると、お肌から古い皮膚が剥がれ落ちずに、シミがお肌に定着したり、様々な肌トラブルの原因となります。

 

 

トラネキサム酸

トラネキサム酸には、メラニンの生成を抑えてシミを防ぐ作用があります。

 

特に肝斑に効果があります。

 

 

アルプチン

美白成分のハイドロキノンとブドウ糖が結合したもので、ハイドロキノンよりも肌への刺激が少ないのが特徴です。

 

美白化粧品には良く配合されていますが、シミを消す効果は高くはないです。

 

敏感肌でお肌に優しく改良された、ビーグレンのハイドロキノンでもお肌に合わないという場合は、お肌に優しい成分のものを選びましょう。

 

その他の美白成分

その他にも、プラセンタエキス、コウジ酸、リノール酸、エラグ酸、ニコチン酸アミド、ルシノールなどが美白化粧品に含まれています。

 

週に一度の高価な美白パックより、自分に合った美白美容液などで毎日お手入れをすることが大切です。

 

もちろん、毎日美白化粧品を使って週に1回でも美白パックをするとさらに効果的ではあります。

 

お金や時間に余裕がある方は、どちらも使ってみましょう。

 

 

シミを作らないために

 

紫外線対策

 

紫外線を浴びると体内に活性酸素が発生し、メラノサイトが活発になりシミを増やしてしまうので、まず紫外線対策が必要です。

 

目元や鼻などをさわったり頬づえをついたりする癖のある人は、その部分のメラノサイトが活性化し、メラニン色素が作られてしまいます。

 

 

 

スキンケア

 

力まかせに洗顔をしたり、化粧水をゴシゴシ擦ってつけたりするなどして肌に摩擦をかけているとシミの原因になる場合もあります。

 

 

 

また、ハードな運動のし過ぎ、食品添加物のとり過ぎ、たばこやお酒の飲み過ぎ、ストレスなどもシミができやすくなると言われています。

 

日々の生活習慣でもシミの原因になっていることは事はたくさんあるので、一つ一つ見直していきましょう。

 

まとめ

一旦できてしまった濃いシミはなかなか完全に取ることは難しいです。

 

しかし、自分のシミに合った美白化粧品をに的確に選んでケアをすると、かなりの効果が期待できます。

 

シミをこれ以上作らないように気を付けることと、シミが出来始めた薄いシミの段階で早々にケアすことで、将来的に見た目年齢が変わってきます。

 

いつまでも美しくいるために、自分に合った化粧品を用いて正しい方法でお手入れをしましょう。