紫外線 日焼け シミ

うっかり日焼けによる紫外線貯金に要注意!

日焼け

 

 

 

うっかり日焼けをしてしまうと紫外線貯蓄が増え、将来シミの利息がついてきます。

 

シミは生まれてから現在に至るまで浴びてきた紫外線が蓄積して現れたものなので、昨日、日焼けをしたからといってできるものではありません。

 

若いころアウトドアのスポーツやレジャーを趣味としてきた人は、紫外線貯金がもうすぐ満期になりシミとなる可能性があります。

 

ほとんどの人が、一生に浴びる紫外線の約6割を10代〜20代のはじめに浴びてしまっているようです。

 

これ以上日焼けをしないように、今からでも日焼けに気を付けた暮らし方をすることが、今後のシミ予防に大きく関係してきます。

 

 

紫外線の知識を得て日焼けを防ごう。

 

紫外線について正しい知識を得て、少しでも紫外線を浴びない生活をすることで将来的にシミになる確率を減らすことができます。

 

紫外線の特徴は暑くもまぶしくもないので、浴びていても実感がありません。

 

そのためうっかり日焼けをしてしまうのです。

 

太陽光線の50%が可視光線で45%が赤外線、残りの5%が紫外線となります。

 

眩しく感じるのは可視光線で、暑いと感じるのは赤外線で、紫外線は眩しくも暑くも感じないため浴びている実感がありません。

 

曇りの日や窓越しでも紫外線は届いています

 

うっかり日焼けをしてしまった人の多くは、紫外線が眩しくて暑く感じられるものと誤解していたことが原因になっていることもあります。

 

シミ対策は曇った日も必要ですね。

 

 

日焼け止めの塗り方で紫外線対策の効果が大幅にUPする。

 

シミ予防には日焼け止めクリームがやはり一番といえます。

 

ここでは「SPF値」と「PA値」について解説していきます。

 

「SPF値」とは?

 

「SPF値」とは、紫外線B波をカットする力を示します。

 

その意味は何も塗らない時に比べて日焼けによる症状が始まる時間を何倍に延ばすことができるかを「SPF30」などと数字で記されています。

 

つまり、SPF30とは、

 

20分×30(SPF)=600分=10時間

 

となり、10時間は紫外線からお肌を守る効果があるということになります。

 

 

「PA値」とは?

 

「PA値」とは紫外線A波をカットする力を示します。+から++、+++、++++の4段階で表示されます。

 

こちらは、紫外線を防止する強さの数値です。

 

紫外線が強い時期に日差しが強いところに行くときはPA値が高いものを選ぶようにしましょう。

 

 

シーン別で日焼け止めの種類を選ぼう。

 

このように、SPFとPAでは効果に違いがあります。

 

意味は分かったけど、どういうふうに選べばいいの?という疑問にお答えしていきます。

 

日常使い、通勤に適切な日焼け止めは?

 

ずっと外で仕事をしている。という場合は別ですが、普段屋内で過ごすことが多い人は、そこまで強い紫外線は必要ありません。

 

SPF20、PA++ぐらいが適切です。

 

あまり強いものを毎日使い続けると、お肌トラブルにつながることもあるので、通勤や買い物程度でしか外に出ない場合は、強すぎる日焼け止めは避けるのがベターです。

 

普段使いの日焼け止め化粧品は肌に優しいノンケミカルタイプを用いることが多いようですが、顔全体に塗ったあと頬のあたりに重ね塗りをするようにしましょう。

 

将来的にシミになるのは頬骨のあたりです。

 

夏の強い紫外線の下でレジャー!アウトドアの時に適切な日焼け止めは?

 

紫外線が強くなる夏の海で海水浴やバーベキューなどアウトドアをするときなどは、日焼け止めの効果が高い日焼け止めを選ぶようにしましょう。

 

SPF50、PA+++またはPA++++がおすすめです。

 

しかし、夏のレジャーは、汗をかいたり水を浴びたりすると、日焼け止めが流れてしまって、期待する効果が得られない場合があります。

 

この場合は、ウォータープルーフの日焼け止めがおすすめです。さらに1時間ごとに塗り直しをするとさらに効果がUPします。

 

 

塗りなおしたり、重ね付けなどのひと手間かけることで、日焼け止めの効果は高まり、シミを防ぎ美肌を保つことができます。

 

 


関連ページ

顔の肌くすみには家庭用美顔器でのビタミンC誘導体のイオン導入がおすすめ!
顔の肌くすみには美顔器でのビタミンC誘導体のイオン導入がおすすめ!
美白化粧水の効果的な付け方。シミのできにくいお肌にする整肌の役割に使おう。
シミそばかすを消す方法や薄くする方法をご紹介するサイト、ナチュ肌ニスタ。美白で美肌を目指してナチュラル肌を手に入れたい大人女子必見。
美白化粧品でシミを消す方法。ハイドロキノンクリームの効果的な付け方
シミそばかすを消す方法や薄くする方法をご紹介するサイト、ナチュ肌ニスタ。美白で美肌を目指してナチュラル肌を手に入れたい大人女子必見。
紫外線やホルモンバランスの乱れによるシミの除去に効果的なトラネキサム酸
シミそばかすを消す方法や薄くする方法をご紹介するサイト、ナチュ肌ニスタ。美白で美肌を目指してナチュラル肌を手に入れたい大人女子必見。
ビタミンCだけじゃダメ!?くすみ改善にはビタミンC誘導体
シミそばかすを消す方法や薄くする方法をご紹介するサイト、ナチュ肌ニスタ。美白で美肌を目指してナチュラル肌を手に入れたい大人女子必見。
シミ消しクリームは本当に効果がある?皮膚科に行かなくても手に入るシミ取りクリーム
シミそばかすを消す方法や薄くする方法をご紹介するサイト、ナチュ肌ニスタ。美白で美肌を目指してナチュラル肌を手に入れたい大人女子必見。
シミの原因のメラニンを追い出す「排せつ美白」はピーリングがおすすめ。
シミそばかすを消す方法や薄くする方法をご紹介するサイト、ナチュ肌ニスタ。美白で美肌を目指してナチュラル肌を手に入れたい大人女子必見。
シミと肝斑(かんぱん)の違いは?シミと肝斑に効くサプリメントの選び方。
シミそばかすを消す方法や薄くする方法をご紹介するサイト、ナチュ肌ニスタ。美白で美肌を目指してナチュラル肌を手に入れたい大人女子必見。
はちみつで簡単に美白効果を得る方法とは?
シミそばかすを消す方法や薄くする方法をご紹介するサイト、ナチュ肌ニスタ。美白で美肌を目指してナチュラル肌を手に入れたい大人女子必見。
出来てしまったシミそばかすは美容液で消えるのか?シミは種類別に対策を!
シミそばかすを消す方法や薄くする方法をご紹介するサイト、ナチュ肌ニスタ。美白で美肌を目指してナチュラル肌を手に入れたい大人女子必見。
シミ・くすみにはハイドロキノンとビタミンC誘導体のW使いが効果的!?
シミそばかすを消す方法や薄くする方法をご紹介するサイト、ナチュ肌ニスタ。美白で美肌を目指してナチュラル肌を手に入れたい大人女子必見。
シミ・そばかすが増えてきた!年齢肌のシミの原因と対策は?
シミそばかすを消す方法や薄くする方法をご紹介するサイト、ナチュ肌ニスタ。美白で美肌を目指してナチュラル肌を手に入れたい大人女子必見。
ニキビ跡の茶色いシミを消すには?色素沈着を治す方法。
シミそばかすを消す方法や薄くする方法をご紹介するサイト、ナチュ肌ニスタ。美白で美肌を目指してナチュラル肌を手に入れたい大人女子必見。
シミ・美白に効果がある食べ物は?
シミそばかすを消す方法や薄くする方法をご紹介するサイト、ナチュ肌ニスタ。美白で美肌を目指してナチュラル肌を手に入れたい大人女子必見。
メイクでシミ隠しのコツをご紹介!ファンデーションやコンシーラーはどう選ぶ?
シミそばかすを消す方法や薄くする方法をご紹介するサイト、ナチュ肌ニスタ。美白で美肌を目指してナチュラル肌を手に入れたい大人女子必見。
美白化粧水でシミを薄くするには?シミ・そばかす・肝斑の種類別対処法とおすすめ化粧水
シミそばかすを消す方法や薄くする方法をご紹介するサイト、ナチュ肌ニスタ。美白で美肌を目指してナチュラル肌を手に入れたい大人女子必見。
シミを消したい人の、攻めるアンチエイジングスキンケア方法。
シミそばかすを消す方法や薄くする方法をご紹介するサイト、ナチュ肌ニスタ。美白で美肌を目指してナチュラル肌を手に入れたい大人女子必見。
出産後にシミが増えた原因とは?
シミそばかすを消す方法や薄くする方法をご紹介するサイト、ナチュ肌ニスタ。美白で美肌を目指してナチュラル肌を手に入れたい大人女子必見。